Just another WordPress site

ペット火葬4

未分類

犬や猫などのペットが死んでしまったときに優先してすべき3つのこと

更新日:

ペットが死んだ時にやってあげるべきことはたくさんあります。

ところが、とくに初めてペットの死を目の当たりにした人ならとくに悲しみや動揺は大きく、すべてのことを丁寧に行うことはできません。

この記事では、ペットが死んだ時に特に優先してやるべき3つのことを紹介します。
その3つは次のことです。

  1. 死後硬直する前に姿勢を整える
  2. 火葬できる日時を複数決めておく
  3. 火葬・葬儀業者に連絡をする

これらのことがなぜ特に急いでやるべきなのかを解説しています。

悲しみで考えがまとまらないこともあると思いますが、一緒に過ごしてきたペットを最後まできちんとお見送りするために、ぜひ参考にしてもらいたいです。

死後硬直が起こる前に姿勢・おからだを整える

ペットが死んでしまうと悲しみや動揺で何も手につかなくなりがちですが、死んでしまった後は死後硬直が起こるのが現実です。

特に手足や首にまで死後硬直が進むと、手足が曲げにくくなったり曲がらないこともあります。
とくに中型~大型犬では手足が曲げれないと業者の火葬炉に入らずに無理に曲げられてしまい、最悪の場合関節が脱臼することもあります。

小型犬では姿勢が問題にならないことも多くありますが、できるだけきれいな姿勢・体勢でお見送りしてあげましょう。

繰り返しになりますが、中型から大型犬では必ず姿勢を整えてあげるようにしましょう。

体勢・姿勢の整え方などについてはこちらを参考にしてください。
 


 

ペットの火葬できる日時をいくつか選んでおく

ペットの姿勢を整えながら、ペットの火葬ができる日時をいくつも考えておきましょう。

現在はペットブームの影響もあり、死んだペットを火葬することが増えてきています。
そのため自分が希望する日時での火葬が難しく、しばらく火葬することができない「火葬待ち」という状況になることも珍しくありません。

まずは自身の都合を確認しながら、「何日の何時から何時までの間なら」というものをいくつも羅列しておきましょう。

ペットの火葬・葬儀業者を決める

ご自身の都合の良い日時をいくつか挙げることが出来たら火葬・葬儀の業者へ連絡しましょう。

火葬の方法にもいくつか種類があり、自分やご家族の都合やどんな火葬をしたいのかと照らし合わせながら葬儀業者を選びます。

猫や犬などペット火葬で理解しておくべき4つの火葬方法

犬や猫、それ以外のペット火葬には4つの技術があります。 急な事であれば飼い主さんも動揺し、ゆったりと火葬のメソッドや時などを決める時もないかもしれません。 飼い主さんの業務の都合や日程などで必然的に火 ...

前述した部分もありますが、利用したい葬儀業者ではあなたの都合の良い日時が空いていない可能性もあります。

そのようなときには別の業者で検討をするか、どうしてもその業者で火葬したいのであればペットの腐敗が進行しにくいようにきちんと処置をしてあげましょう。

コラム:業者を選ぶのもスピードが大事です

火葬の種類もいくつかありますが、その業者があなたの希望する火葬をしてくれるかわかりません。

業者によっては火葬車のみの火葬しかないこともあれば、葬儀場での火葬だけしかしないところもあります。

それに自分の都合のいい時間帯と業者のスケジュールが合わないこともあります。

どの業者にするか迷っている間にも、他の方が予約を取っているかもしれません。

私の場合は2つの業者で迷っている間に別の方が火葬予定を入れられたため、もう片方に決定せざるを得ない状況でした。

業者選びでは火葬方法や金額、空き状況、サービスなどいろんな面を考えるためすぐに決められないものでもあります。

そんななかでも、ペットやご自身のためにもベストなタイミングで、希望する火葬方法をできるように勧めていきましょう。

-未分類

Copyright© ペット火葬4 , 2019 All Rights Reserved.